やさしいニュース

道の駅で自動運転の実証実験

自動運転の車が山間地域を走る実験が始まります。
拠点となるのは「道の駅」です。

滋賀県大津市で始まるのは道の駅の周辺で自動運転の車を
走らせる実証実験です。

ルートはJR和邇駅から道の駅「妹子の郷」を通り
山間地域までのおよそ18キロ。

その実現に向けた初めての会合がきょう開かれました。

【宇野教授インタビュー ビジネスモデルとして本当に成り立つのか】

道の駅は超高齢化が進む山間地域に多く、近い将来自動運転車両を
活用することで生活の足や農産物などの運搬、
また観光などに生かせると期待されています。

【近畿地方整備局 交通対策課 中尾勝課長 地域の拠点、観光の窓口といったような様々なニーズのもとで道の駅も進化していますので今後の道の駅も期待していきたい】

大阪・関西のニュース