やさしいニュース

ベビー用品大手2社 立ち入り検査

ベビー用品の大手2社に、独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査が入りました

独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けたのは、

大阪にあるベビー用品大手、「アップリカ・チルドレンズプロダクツ」と東京の「コンビ」です。

2社は、ベビーカーなどを販売する小売店に自社製品を安売りしないよう

不当に指示した疑いがあるということです。

大幅な値引き販売を防ぎ、ブランドイメージを保つ狙いがあったとみられ、

指示に従わなかった場合、「商品の出荷をしない」などとほのめかしていたとみられます

大阪・関西のニュース