やさしいニュース

生活保護額の引き下げ 見直しを訴え

生活保護の引き下げを見直すよう、およそ750人が
審査を請求しました。

10月から実施された生活保護の受給額引き下げを受け、
10日、大阪府に生活保護を受けるおよそ750人が、
引き下げを見直すよう、一斉に不服審査を請求しました。

生活保護額は、ことしから3年かけて引き下げられますが、
受給者や支援する弁護団が問題点を訴え、
引き下げの見直しを求めています。

【生活保護受給者】
「自分の生活の全ての中で、何かを犠牲にしないとやっていけない」
「また生活保護額が引き下げられるのは非情なこと。怒りを覚える」

大阪府は適切に対応したいとしています。

大阪・関西のニュース