やさしいニュース

関空、台風21号による被害原因は’越波’

関西空港の浸水被害は高波によるものでした。

関西空港と防災の専門家はきょう、ことし9月の台風21号で
滑走路などが浸水し大きな被害を受けた原因について
最大5メートルを超える大きな波によるものだとする

検証結果をまとめました。
報告によりますと当時の関空では、最大瞬間風速58.1メートルの
観測史上最も強い風が吹くなどし、
波が護岸の手前で変形したことが考えられるということです。

このため9月に関空から入国した訪日外国人は

去年と比べ大幅に減りましたが
10月以降は去年を上回っています。

大阪・関西のニュース