やさしいニュース

高齢社会に対応 最新の介護・福祉用品展

『バリアフリー2018』は介護・福祉関連のサービスや商品を紹介する西日本最大級の展示会です。

24回目となる今年のキーワードは「在宅介護」です。

味や食感を残しながら特殊な加工で舌だけで噛み切れるようにした柔らかい食材を使った宅配弁当や

体内の尿の量を超音波センサーで測って介護する人に排尿のタイミングを伝え負担を減らす

業界初のシステムなどに注目が集まりました。

 

【主催者のインタビュー】

「高齢化が進み、人生100年時代を迎えた。

今後は、ただ長生きするだけでなく、質の良い人生を送るためのケアや製品が求められる」

 

この催しは21日まで大阪・住之江区のインテックス大阪で開かれています。

大阪・関西のニュース