やさしいニュース

大阪税関 爆発物探知犬「アイゼン号」を初公開

来年6月に大阪で開かれるG20を前に、
大阪税関は、テロ警戒の「秘密兵器」を初公開しました。

14日、大阪税関が初めて公開したのは、
爆発物探知犬のアイゼン号(3歳雄)です。

実際に海外からきた乗客を乗せて移動するバスの下に、
爆発物がつけられていないか、鋭敏な嗅覚で嗅ぎ分けます。

さらに、激励に訪れた財務大臣政務官に実演を披露。

5つの箱の中から、爆発物の臭いがする布が入った箱を探します。

箱の匂いをかいで・・・見事正解の箱を当てました。

【大阪税関 北村元樹ハンドラー】
「(アイゼン号は)一緒に育ってきた仲間。麻薬や爆発物などを摘発していきたい。」

アイゼン号は去年6月に大阪税関に配備され、
大阪港や関西空港で活躍しています。

大阪・関西のニュース