やさしいニュース

JR西日本、「とらふぐ」と「ひらめ」で陸上養殖拡大

鉄道会社が安全で安心な「魚」の養殖に力を入れます。
そのわけは?

きょうJR西日本が発表したのは…

【西日本旅客鉄道 創造本部ビジネスプロデュースグループ 水田整部長
日本の未来の食糧供給に貢献していけるのでは】

陸上養殖事業の拡大です。

これまでも陸上養殖で育てた「お嬢サバ」や「オイスターぼんぼん」などを
手がけてきましたが、新たに山口県のとらふぐと鳥取県のひらめの
販売を始めます。
ひらめは地下海水で育てるため寄生虫、つまり虫がつきにくくなることから
箱入り娘のイメージで「白雪ひらめ」と名づけました。

【食リポ 淡白です】
【ジェイアール西日本ホテル開発 佐藤伸二常務 雑味がないのがいい】

JR西日本は陸上養殖された希少なひらめを買い取り今月末から
ホテルや飲食店などに販売していく計画です。

 

大阪・関西のニュース