やさしいニュース

夢洲にランドマーク・タワー建設へ

2025年の万博開催決定を受け、地下鉄を運営する大阪メトロはきょう会場となる夢洲にタワービルを整備する方針を発表しました。計画ではコスモスクエアと夢洲を繋ぐトンネルの工事を再開し、                大阪メトロ中央線を夢洲まで延伸。2024年までに新駅と商業施設を備えたタワービルの開業を目指します。タワーの建設費は土地の取得も含めて、1000億円以上を見込んでいて夢洲を国内外から訪れる人を迎える玄関口と位置づけます。一方、松井知事は大阪府内の中小企業の技術を集めたパビリオンを出展する考えを明らかにしました。

大阪・関西のニュース