やさしいニュース

72年前の南海地震の教訓を

72年前の教訓を生かすための、新たな一歩です。

 

【和歌山県田辺市長】

『南海地震による津波が発生したのが72年前の12月21日』

 

72年前、津波の被害にあった和歌山県田辺市。

 

【危機管理局局長】

『今後起こるとされる南海トラフは前回の32倍】

 

田辺市はきょう、イオン、ダイエーに災害時に物資を提供してもらうための協定を結びました。

イオンはこれまでに、全国およそ600の自治体と防災協定を結んできました。

 

【イオン担当者】

『自治体同士の連携を我々がハブとなって強固なものにしたい』

 

高台や津波タワー、市役所の移転計画など

大地震への備えは続いています。

大阪・関西のニュース