やさしいニュース

都構想は波乱含みの年明け

1月4日が仕事はじめの松井知事と吉村市長。

新年早々、2人の口からでたのは公明党への恨み節です。

都構想の住民投票の実施時期をめぐり維新は公明と対立。
知事と市長は4月の統一地方選にあわせて任期途中で辞職し
出直しW選も辞さない構えです。

その二人が参加した新年互礼会、
公明はW選の勢いで住民投票実現につなげたい維新側の狙いをけん制しました。

【公明党大阪本部副代表】
「W選挙なんて全くないと思っている。
完全信頼関係は崩れた。どうなるか様子みです」

波乱含みの2019年、大阪にとって気になるニュースが続きそうです。

大阪・関西のニュース