やさしいニュース

再審無罪男性、国への訴え退けられる

えん罪で服役し無罪となった男性が国などに求めた損害賠償。

大阪地裁は訴えを退けました

【男性会見】「納得できない」

男性は当時10代だった女性に性的暴行を加えたとして
強姦などの罪で懲役12年の判決を受けました。
ところが、服役から6年が経った2014年、
逮捕の決め手となった女性らの被害証言が嘘と判明、
やり直しの裁判で無罪を言い渡されました。

男性は、えん罪の責任は捜査機関と
裁判所にもあるとして国と大阪府に対し
およそ1億4000万円の
損害賠償を求めていました
きょうの判決で大阪地裁は

「警察の捜査や裁判所の判断に違法性は無かった」
として訴えを退けました
【男性会見】
「無罪を言い渡したからそれでいいじゃない
どうしてそういう判決にいたったか、反省していない」

大阪・関西のニュース