やさしいニュース

関西の電車で振替輸送が便利に

電車が運休した場合の手間がなくなります。

18日、関西の鉄道各社などは、振替輸送の利用方法の変更を発表しました。

そもそも振替輸送とは、列車が運行できなくなった場合、
運行不能区間をほかの鉄道会社で移動できる仕組みです。

例えば、JR[京都駅]から[三宮駅]に向かう場合、
[大阪駅]で運転見合わせがあったとすると、
現在は、[大阪駅]の近くにある、阪急の[梅田駅]で
振替乗車票をもらって、阪急の[神戸三宮駅]まで移動できます。

これが3月16日から、振替乗車票がいらなくなり、
JR京都駅から三宮駅の乗車券や定期券のみで利用できるようになります。

一方、イコカなどのICカードは、振り替え乗車ができなくなります。

今回の変更には、JRの他に大阪メトロや近鉄、京阪、南海、阪神、阪急など
関西の私鉄各社などが連携しています。

「振替乗車票」を配る際の混雑が緩和されるということです。

大阪・関西のニュース