やさしいニュース

亀岡暴走事故から6年

京都府亀岡市で集団登校中の児童らの列に 車が突っ込んで10人が死傷した事故からきょうで6年
けさ、現場では法要が行われました。

この事故は、2012年4月23日午前8時ごろ、亀岡市内で無免許で居眠り運転をしていた当時18歳の少年が、
登校中の小学生の列に突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負ったものです。
元少年には危険運転致死傷罪の適用が見送られ、不定期刑が確定しています

※遺族の中江美則さん
「きょうは立ち直りの日でもあるが、また苦しい1年がやって来た。6年経っても悲しみは癒えない・・・」

また法要の後、京都府警下京警察署では交通事故の撲滅を願い、
4月23日の誕生花 「はなみづき」の植樹が行われました。

事故から6年。
遺族たちの交通事故撲滅の想いは続きます。

大阪・関西のニュース