やさしいニュース

米国配車アプリ大手 大阪に進出 

世界各地で自家用車による送り迎え仲介アプリを展開するアメリカの企業「ウーバー」が
大阪でタクシーの手配サービスを始めました。

スマホのGPSを使って近くのタクシーを案内するもので
全世界でおよそ7500万人が利用しています。
ウーバーの日本進出は名古屋に続き2ヵ所目で
主に外国人観光客の利用を見込んでいるということです。

大阪・関西のニュース