やさしいニュース

豚コレラ 大阪でも殺処分が始まる

東大阪市の養豚場で豚コレラが出た問題で、
ブタの殺処分が8日午後3時から始まりました。

東大阪市の養豚場では、愛知県豊田市の養豚場から入荷した
ブタ6頭から豚コレラの陽性反応が出ました。

国の方針では、24時間以内の殺処分と、72時間以内の埋めることが
求められています。

大阪府では、場所の選定が難航し、対応が遅れていましたが、
8日午後3時から、およそ700頭のブタの殺処分が始まりました。
【大阪府 松井知事】
「農林水産省が持っている設備を、処分場に移動完了後、
速やかに処理したい」

大阪府は9日までに殺処分を終え、11日までには
処分したブタを粉砕・加熱処理し、ウイルスの飛散を防止するとしています。

大阪・関西のニュース