やさしいニュース

未来&将来への投資、吉村流 任期最後の予算。

任期最後の吉村市長。新年度予算案を発表,一般会計1兆8353億円の
新年度予算案です。去年決まった念願の「大阪万博」開催。会場となる夢洲の土地整備などのために57億7300万円が盛り込まれました。国・大阪府市・民間で3分の1ずつ負担する万博会場の建設費は8億1300万円が
計上されています。また吉村市政の初年度から目玉政策にしている幼児教育の無償化。今回は4・5歳児に加えて3歳児まで対象を拡大するため、77億7600万円が計上されました。

大阪・関西のニュース