やさしいニュース

維新と公明 溝埋まらず・・・

大阪都構想を巡り、対立する公明と維新。

溝はまだ埋まりません。

 

きょう開かれた「大阪都構想」の制度案を話し合う法廷協議会。

22回目にして初めて、議員同士の話し合いが行われました。

これは、制度案の採決に向けて必要な手続きで

公明が維新の求めに応じて実現したものです。

しかし、

【松井知事】秒

「議論が進んだって言っても、委員間協議にちょこっと入っただけやから」

「多数決で全てまとめるのは厳しい状態だと思う」

 

不透明な先行きに苛立ちを隠せません。

また、維新は公明に住民投票までの日程を明言しなければ

松井知事と吉村市長が立場を入れ替える

ダブル選挙を行う意向を変えていませんが…

 

【公明八重樫】

「スケジュール優先で物事を決めていくことは考えていません。

あくまでしっかりと議論を丁寧にしたうえで慎重に判断すべきだと思います」

公明は拒否。

ダブル選挙の可能性が俄然高まったといえそうです。

次回の法定協議会が来月7日に行われる見込みで

そこでダブル選挙の判断をすると思われます。

大阪・関西のニュース