やさしいニュース

JRバス、扉開けたまま約3キロ走行

扉を開けた状態のままバスを走らせていました。

西日本ジェイアールバスは、今月20日天王寺発東京行きの夜行バスで
客が乗り降りする扉を開けたまま高速道路上を走行していたと、公表しました。

バスは新名神高速道路の土山サービスエリアで休憩停車後、
扉を閉めずに出発し3.3キロ走行、
乗客からの指摘で転士が気付いたということです。
乗客52人にケガはありませんでした。
バスには扉が開いているときにはアクセルが踏めない
装置が付いていましたが作動しなかった、ということです。

JRバスは基本動作の徹底を行い再発防止に取り組む
としています。

大阪・関西のニュース