やさしいニュース

天王寺「あべちか」で震度6弱の地震訓練

もし地下で地震にあったら?

大規模な合同訓練が行われ、地下鉄利用客らが参加しました。

「地震が発生しました」

1日およそ27万人が利用する天王寺駅と地下街「あべちか」で、
震度6弱の地震発生を想定した訓練が行われました。

今年は初めて、体に障害のある地下鉄の利用客も参加。
避難ルートの確認や、周りの乗客にサポートを呼びかけ
避難を手伝ってもらう手順などが確認されました。

【訓練の参加者】
「車椅子の場合、4人でかつぐので、周りの人の助けが必要。
体が不自由な人と一緒に訓練するのは大事」

このほかに、火災発生時の消火活動や負傷者の救出など
大規模な訓練が行われました。

大阪・関西のニュース