やさしいニュース

残業代が実質ゼロでも違法ではないと判決

運送会社トールエクスプレスジャパンの運転手ら16人が、会社側に未払い賃金など総額およそ2200万円の支払いを求めた裁判でで、大阪地裁は残業代は支払われており、残業代を手当から差し引く計算に問題はないとして、訴えを退けました。

この裁判は、残業代が成果に応じて手当から引かれ、実質的にゼロになる賃金制度は、違法か適法かが主な争点でした。

原告の男性は「会社に戻ってくるのが2、3時間違おうと、2人は一緒の給料になる」と判決に不服を唱えていました。

大阪・関西のニュース