やさしいニュース

和牛受精卵 販売記録を隠ぺいか

逮捕された牧場経営者の男は、和牛の受精卵の販売記録を
隠ぺいした疑いがあることがわかりました。

家畜伝染病予防法違反の疑いで、22日に送検された徳島県の
牧場経営・松平哲幸容疑者は、大阪の焼肉店経営・前田裕介容疑者らとともに、
和牛の受精卵などを不正に中国・上海に持ち出そうとした疑いが持たれています。

その後の調べで、押収した資料の中には、不正に持ち出そうとした
受精卵の販売記録が残されていなかったことがわかりました。

正規に販売した受精卵の記録は残されていたことから、
警察は松平容疑者が不正を認識して、記録を隠ぺいした疑いがあるとみて
調べています。

大阪・関西のニュース