やさしいニュース

アマゾン新拠点 ロボットが活躍

通信販売大手のアマゾン・ジャパンが、関西初となる
新しい物流拠点を公開しました。

倉庫の中を動きまわるものとは?

4月から本格稼動したのは、アマゾン・ジャパンが建設した
新しい物流拠点・アマゾン茨木FC。

中に入ってみるとそこには・・・

【前田拓哉アナウンサーレポート】
「ところ狭しと商品がはこばれていますけど・・・え?ロボット?」

実はこの倉庫、商品の出し入れをすべてロボットで管理する
アマゾンの最新倉庫です。

今までは、商品の発注ごとに棚を人が動き回っていましたが、
この倉庫では、ロボットが自ら作業スペースにやってきます。

【前田拓哉アナウンサーが商品棚出しを体験】

注文のデータは画面に表示され、指示が出た場所を探して
選ぶだけです。

【前田拓哉アナウンサー】
「とっても簡単ですね」

今回、アマゾンが開発したロボットは、1台につきおよそ560キロの
荷物を運ぶことができ、ロボット同士がぶつからないよう
センサーで制御されています。

アマゾンでは、今後もこういったロボット技術を取り入れながら
注文から出荷までの時間を短縮したいとしています。

【アマゾンジャパンFC事業部 吉田憲司本部長】
「技術だけでなく、サービスを高めて利便性を上げて行きたい」

大阪・関西のニュース