やさしいニュース

ひざ間接手術に最新鋭ロボット

最新鋭のロボットを使った手術が近畿大学病院で公開されました。伊藤記者「現在こちらの近畿大学では、最新鋭の技術を使った手術の事例が紹介されています」近畿大学で行われた人工ひざ関節の手術。手術に使われたのは最新鋭のロボット「ナビオ」です。この技術は、位置を正確に計測して、モニターにひざの骨をリアルタイムに映し出します。インプラントと呼ばれる人工ひざ関節を高い精度で取り付けられるので、患者の負担も軽くなるといいます。近代医学部赤木將男教授「自然なフィーリング、自然なひざ、若い頃のひざを得たい人にはとてもいいと思います」人工関節の手術を受ける人は年間15万人いて、高齢化にともない年々増加しこの10年間で2倍に増加しているといいます。

大阪・関西のニュース