やさしいニュース

人とやさしく共存するロボット

人とロボットが一緒に働くことが当たり前になるかもしれません。

今回で45回目となる機械工具や資材の見本市。

200社を越える企業が参加しました。

 

つま先に体重をかけるだけで前進するこちらの乗り物。

工場内を効率よく移動するために開発されました。

 

こちらも荷物を運ぶことを目的にしたロボットです。

前方240度を感知するレーダーでロボットが自分の判断で動きます。

 

人とロボットの共同作業はこんなところでも。

こちらは商品の検品をするロボット。

人一人分の幅で動くように設計され、丸みのあるアームで

もしも、、、隣の人とぶつかっても安全です。

大阪・関西のニュース