やさしいニュース

竹山堺市長 新たに1億円の記載漏れ

政治資金問題にゆれる竹山修身堺市長。
15日に提出した報告書で、新たに1億円の記載漏れが発覚しました。

堺市の竹山市長は、1億3千万円を超える収支を
政治資金収支報告書に記載していなかったとする
調査結果を先月公表しました。

しかし、報告書には領収書の大半が添付されていなかったことが判明し、
議会から、改めて調べなおすように求められていました。

竹山市長はさきほど、およそ1ヶ月かけて再調査した報告書を
議会に提出しました。

【堺市 竹山修身市長】
「市民・議会に混乱をまねき、深くおわびしたい。」

【議長】
「今回と前回の資料の違いを説明してほしい」

【堺市 竹山修身市長】
「領収書は100%確保できた。収支もしっかりチェックできた。」

議会から強い非難を浴びた領収書について、自信を見せる
竹山市長ですが、新たに提出された報告書では、
収支あわせておよそ2億3500万円の記載漏れが判明。
さらに1億円分の記載漏れがあったことが明らかになりました。

堺市民は・・・

【堺市民の女性】
「私らの税金で出しているから、ちゃんとしてほしかった」

【堺市民の男性】
「言語道断。うみをしっかり出し切って、(市長を)刷新するべき」

維新トップのこの人も…

【大阪維新の会 松井一郎代表】
「不適切・違法な政治資金の使い方を認め、出処進退を明らかにすべき。
税金を効率のいい形で選挙するために、参議院議員選挙に合わせるべき。」

竹山市長は、今月23日に開かれる議員総会で詳細を
説明するとしています。

【堺市 竹山修身市長】
「私自身はこれからも、堺をどのような町にするか責任もって対応したい」

大阪・関西のニュース