やさしいニュース

高速道路外にパーキングサービス

パーキングエリアの混雑緩和に役立つでしょうか?

阪神高速はきょうから高速道路の外の施設をパーキングエリアとして利用するサービスの実証実験を

始めました。

230台の駐車スペースを持つ豊中市の商業施設には阪神高速からの乗用車など数台が利用していました

このサービスは高速を一旦降りて提携した施設に駐車しその後、高速道路に1時間以内に戻れば追加料金

がかからない仕組みです。パーキングエリアの混雑緩和や休憩施設の増加も期待されます。

【阪神高速担当者のコメント】

休憩施設を増やしていくことが大きな課題。お客様のニーズの高いところを中心に路外パーキングエリア

などを増やし高いサービスを提供していきたい。

大阪・関西のニュース