やさしいニュース

仲邑初段公式戦デビュー

史上最年少で囲碁のプロ棋士になった、仲邑菫初段が初の公式戦に挑みました。仲邑初段は10歳1カ月でのデビュー戦となり午後2時半にスタートした対局の相手は、同じく今月プロ入りした16歳の大森らん初段。注目の勝負とあって、会場には40社100人もの報道陣が集まりました。大阪府出身の仲邑初段は、日本棋院が設けた推薦枠でプロ入りが決まり、今月、史上最年少でプロ棋士となりました。

大阪・関西のニュース