やさしいニュース

蘇る平安王朝絵巻~曲水の宴

京都市伏見区にある城南宮の庭で春と秋に催される「曲水の宴」。平安時代に貴族の間で流行ったこの歌遊びは庭園の小川に沿って座った詠み人たちが、自分の前に杯が流れて来るまでに和歌を詠みます。29日、与えられたお題は嶺雲(みねのくも)。平安装束を身にまとった7人の歌人は新しい元号「令和」の元になった万葉集にちなむ歌を詠み上げました。

大阪・関西のニュース