やさしいニュース

北大阪急行線延伸工期を3年延期

北大阪急行線の北へ伸ばす工期を3年延期。地下にコンクリートが埋まっていました。大阪メトロ御堂筋線と直通運転する北大阪急行線。現在終点となっている千里中央駅から北へ2.5キロ伸ばし、来年度中の開業を計画していました。ところが、箕面市内の橋脚建設場所の地中に全長150メートルのコンクリートが見つかるなどしたため、その撤去で3年工期を延長し開業を2023年度に遅らせるとしました。箕面市は総事業費への影響はないとしています。この周辺では、延伸にあわせて住宅用地の地価が上昇し、大阪大学のキャンパス移転も計画されていたことから今後の影響が懸念されます。

大阪・関西のニュース