やさしいニュース

御堂筋暴走、差し戻しも有罪判決

次は裁判のニュースです。

5年前御堂筋で車が暴走し3人が重軽傷を負った事故。
車を運転していた宮谷則幸被告は糖尿病の低血糖症で意識が低下したまま運転し
事故を起こしたとして、危険運転傷害などの罪に問われました。

この裁判少し複雑ですので先にこれまでの経緯をまとめます。

危険運転という罪の成立には、意識障害の恐れを被告自身が認識していたかどうかが焦点となります。

事故から2年後の2016年、一審の大阪地裁は被告自身に意識障害を起こす認識はなかったとして
危険運転より罪の軽い過失運転傷害罪を適用し、禁固1年6か月執行猶予3年の判決を言い渡しました。
しかし2審の大阪高裁は「一審の審理は不十分だ」として大阪地裁に審理を差し戻しました。
そこできょう再び大阪地裁による判決が下されたというわけなんです。

事故の発生からおよそ5年、きょう行われた注目の裁判の結果は?

大阪・関西のニュース