やさしいニュース

SDGs車両がお披露目

電車に乗れば、世界の課題がわかります。きょうから運行開始となった阪急のラッピング電車、SDGsトレイン。日本語で「持続可能な開発目標」を意味するSDGs。車両には、貧困や差別など17の課題がイラストで描かれています。

【乗客】「かわいい。孫と乗りたい。」

また、車内の照明はLED電球が採用され、窓ガラスは2重構造で冷暖房の効率がよく環境にやさしくなっています。このラッピング電車はきょうからおよそ1年間走る予定です。

 

大阪・関西のニュース