やさしいニュース

認定こども園休園・転園で保護者が損害賠償を訴え

認定こども園の休園で転園を強いられたとして、運営法人などを相手取り保護者が裁判を起こしました。訴えを起こしたのは八尾市の認定こども園に子供を預けていた保護者5組です。訴えでは、この園で去年、男性職員が園児に対する強制わいせつの罪で逮捕され職員が大量に辞めています。今年3月には八尾市が休園を認め通園できなくなりました。保護者5組は
園の運営法人「さくら会」と八尾市などに対し、あわせて550万円の損害賠償などを求めています。

 

大阪・関西のニュース