やさしいニュース

名神追突事故でバス会社家宅捜索

名神高速道路で起きた観光バスとワゴン車の事故で警察はきょうバスの運転手が勤務する会社を家宅捜索しました。今月24日、滋賀県・草津市の名神高速道路で渋滞の列の一番後ろに止まっていたワゴン車に観光バスが追突、ワゴン車に乗っていた58歳の女性が死亡し孫の7歳の女の子が意識不明の重体になったほか15人が重軽傷を負いました。過失運転致死傷の疑いで逮捕、送検されたバス運転手の鈴木武容疑者52歳は警察の調べに対し「脇見運転をしていた」などと話しています。警察はきょう鈴木容疑者が勤務するバス運行会社「ワールドキャビン」の大阪・八尾市にある営業所を家宅捜索しました。営業所には警察に続いて近畿運輸局も特別監査に入りました。近畿運輸局・三宅高志運輸企画専門官「点呼や運輸記録から過労状態ではないか、休みが取れているか(チェックする)」警察と近畿運輸局はバスの運行管理や鈴木容疑者の勤務実態について確認を進めています。

大阪・関西のニュース