やさしいニュース

明石の老人ホームで孤独死

 

老人ホームで男性が孤独死しおよそ2週間放置されていました。兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」で今月22日、入居していた91歳の男性が死亡しているのが見つかりました。男性は死後およそ2週間経っていて死因はわからなかったということです。老人ホームによりますと防犯カメラの映像から男性は今月9日以降外出はしていませんがその後22日まで職員は男性の安否を確認していませんでした。この施設には24時間介護職員が常駐していますが男性は食事などの介護サービスを受けていなかったため安否の確認が遅れたとみられます。厚生労働省は施設での孤独死を問題視し明石市に情報提供を求めました。

大阪・関西のニュース