やさしいニュース

京都の高校で認知症サポーター講座

患者とどう接するべきなのか

若い世代が「認知症」を学びました。


京都・花園高校で開かれた特別講座。

認知症の正しい知識を持ち、患者を支える人材

いわゆる「認知症サポーター」を育てようというものです。

認知症の患者は後ろから大声で声をかけられると

驚きやすい傾向があるなど

症状の特徴や患者への接し方を学びました。

【参加した高校生】

『曾おばあちゃんが認知症で、自分でどう行動すればいいのか考えられた』

 

来年には325万人まで増えるとされる認知症患者。

正しい知識と若い力で認知症患者にとってやさしい社会を目指します。

大阪・関西のニュース