やさしいニュース

広がるシェアオフィス

好きな時間に好きな場所で働くそんな新しい企業の形が注目を集めています。

【ビルの全フロアがシェアオフィス】

アメリカのシェアオフィス 大手「ウィーワーク」がきのう御堂筋沿いにオープンしたビルです
20階だて、2900人が利用できる広さは国内最大級。

シェアオフィスとは複数の企業が仕事場所を共有するという働き方です。

【利用者の声】
B:2人で会社やってます。
A:パソコン、スマホあれば仕事できます。

24時間利用可能なオフィスの賃料は月額およそ6万円。
賃貸物件とくらべても決して安くはありません。

それでもシェアオフィスを借りる理由は?
【乾杯!】
こちらは会員専用のビールサーバーで正午から無料で利用できます。
食事を通じて生まれる企業同士のつながり。
ウィーワークでは定期的にイベントを開催して入居する企業をつなげます。

その結果、企業が互いの強みをいかした新しいビジネスが生まれるといいます。

また、会員であれば世界105都市の拠点でも利用できることから
海外展開したい企業のニーズは高っています。

そして、最近、シェアオフィスを利用するのは中小企業だけではありません。

【象印担当者】
Q:どちらの会社ですか?
A:象印です。

大阪市内に本社を置く大手炊飯器メーカーも新たなビジネスチャンスを狙い、半年前から入居しました。

【象印担当者】
スタートアップ企業と仕事したかった。実際に動きだした。

【ウィーワーク担当者】
G20、万博など大阪の市場は注目しています。

大阪・関西のニュース