やさしいニュース

プラゴミ問題解決へ大阪市と企業が連携

ゴミだったペットボトルが価値のあるものに。

大阪市と企業が、新たなタッグを組みました。

 

きょう、大阪市とサントリーなどが協定を結んだのが

「みんなでつなげるペットボトル循環プロジェクト」

これはサントリーが大阪市の各地域と契約を結び、

ペットボトルを買い取るものです。

サントリーは日本で初めて使用済みのペットボトルから

新たなペットボトルを作るシステムを 開発しましたが

今回、大阪市とタッグを組むことで、再利用しやすい

きれいなペットボトルを効率的に回収できるメリットがあるということです。

 

一方、大阪市は、

このプロジェクトを通じて市民のゴミ分別に対する意識を高めたい

としています。

大阪・関西のニュース