やさしいニュース

百舌・古市古墳群世界遺産登録 歓喜と課題

大阪で初めての世界遺産登録。

早くもビジネスが動いています。

先週土曜日

世界遺産の審査を市民がかたずをのんで見守りました。

そして…

 

『いま、採択されました』

 

吉村知事もほっとしたのかこの表情

 

【市民の声】

『満場一致でうれしい!まちにまった世界遺産』

 

大阪初の世界遺産誕生です。

そしてきょう。

 

【高島屋堺店スタッフ】

「古墳グッズ販売してます」

 

堺市内の百貨店では早速、古墳グッズの販売会が行われました。

人気はハニワ型のプリン。

食べ終わったらカップとして使えます。

きょうまでの催しでしたが人気のため、明日まで延長することに。

 

フィーバーは続いていますがこんな課題も…

市内を一望できる高さ95メートルの展望台。

みなさん、古墳を眺めていますが?

 

【見物にきた客】

「何も見えない。もっと高くないとね」

「ただ街の中にある森みたいなんですよね。がっかりです。」

 

目の前に広がるのは小高い丘と森。

巨大な古墳を実感するには、やはり空から…。

吉村知事は気球などを使って観光できないかとアイデアを出しています。

 

今回の世界遺産登録。うれしいニュースはほかにも

建築家フランク・ロイド・ ライトが手掛けた旧山邑家住宅です

ユネスコは今回 ライトがつくったアメリカの8作品を世界遺産に登録。

芦屋のこの建て物も、追加登録される可能性がでてきました。

 

世界遺産をどう活力にできるのかこれからが勝負です。

大阪・関西のニュース