やさしいニュース

新発想のフライパン

ありそうで無かったフライパンが15日発売になりました。

火加減を間違えてハンバーグを焦がしてしまった・・・

“中火”って一体何度?

そんな人におすすめなのがきょう発売になったこちらのフライパン。

持ち手に調理温度が表示されるんです。

【客の声】
「これなら失敗しないかもw・・・」

フライパンの底にセンサーを内蔵。

調理しながら温度を測れるのは初めてのことです。

例えば、ハンバーグの場合、最初は170~180度で

裏返して蓋をしてから130~140度でじっくり焼くと

この通り、肉汁たっぷり!

【ビタクラフトジャパン 取締役】
「食材がおいしくなる温度を狙って調理できるので、誰でも失敗なく簡単に調理できる」

大阪・関西のニュース