やさしいニュース

学校法人、1億円不正支出問題

学校法人の前理事長が、1億円を流用した疑いが持たれている問題で
資金流出元の関連会社元職員がきょう、大阪地検に上申書を提出しました。
学校法人「明浄学院」によりますと
前理事長らは去年4月、大学の資金1億円を関連会社に振り込ませ
その全額を現金で引き出しいわゆる仮想通貨の取得に
充てたとみられています。

その後仮想通貨は暴落しほぼ全額を失ったとされています。

1億円を振り込まれた関連会社の元職員がきょう大阪地検に上申書を提出し
「1億円は前理事長の指示で一方的に振り込まれすべて引き出して渡した。
その後回収できなかった1億円は前理事長の指示で学校の借入金を帳簿上で付け替えたり
学校への請求を相殺したりして返済したことにされた」としています。

また、学校法人の前理事長は当時関連会社の取締役も務めていて
元職員によると実質的に前理事長が関連会社を支配していて
会社から学校への請求もすべて前理事長が行っていた、ということです。
その上で元職員は「本来 学生のために使われるべきお金を失ってしまったことは
きわめて無念であり学生には深くお詫びしたい」
としています。

大阪・関西のニュース