やさしいニュース

堺の母娘殺傷事件で控訴却下 懲役26年判決

おととし堺市で交際相手の女性を殺害したなどとして殺人罪などに問われた男の控訴審裁判で大阪高裁はきょう控訴を棄却し一審同様懲役26年の実刑判決を言い渡しました。この事件はおととし9月無職の小林茂信被告が堺市の自宅マンションで交際していた二瀬恵美さんを刃物で複数回刺して殺害し長女にも大けがを負わせたとして殺人の罪などに問われたものです。裁判で小林被告は「二瀬さんが自殺を図った」などと無罪を主張していましたが一審の大阪地裁は懲役26年を言い渡していました。きょうの判決で大阪高裁の和田真裁判長は「被告には強い殺意が見られ何度も刺した犯行は残虐。一審判決に不合理な点は見られない」として一審同様、懲役26年の実刑判決を言い渡しました。

大阪・関西のニュース