やさしいニュース

去年の被災を教訓に

去年の災害を教訓に関西空港では防災訓練が行われました。去年の台風21号で浸水被害を受け陸の孤島となった関空。当時およそ8000人が空港に閉じ込められました。今回の訓練では1万2千人が閉じ込められたことを想定し安全に誘導する手順を確認しました。受付で「滞留者カード」を受け取り、並びながら必要事項を記入しカウンターでストラップを受け取ります色ごとにスタッフが避難場所へと誘導します。ストラップは4色でそれぞれ避難の優先度を表します。誘導するスタッフも一目で優先順位がわかるようになっています。また外国語での対応も強化し4か国語でのカード表記やアナウンスを行いました。

大阪・関西のニュース