やさしいニュース

イタセンパラの稚魚を特別展示

国の天然記念物・イタセンパラの赤ちゃんが
きょうから大阪・寝屋川市の研究施設で特別に展示されています。

イタセンパラはメスが管を伸ばして二枚貝の中に卵を産みその中で孵化します。
【研究員の説明】
「外敵から身を守ってもらえると考えられている」
「卵がエラの中に入るのできれいな水が稚魚に常に行き渡り病気になりにくいのがメリット」

イタセンパラは大阪では淀川の限られた場所にしか生息していません。
外来生物によって数が減ったためで大阪府などが保護活動を続けています。

【研究員】
「日本の宝として大切にされている魚なので地域の人が近くに大切な生き物がいると知ってほしい」

大阪・関西のニュース