やさしいニュース

悪質タックル 日大が関学に回答 「意図的な反則なかった」

悪質なタックル

日本大学は意図的な反則はなかったと回答しました。

【関西学院大学 体育会 アメリカンフットボール部 小野宏ディレクター】
「(日大の回答は)疑問・疑念を解消できておらず、現時点では誠意のある回答とは判断しかねる」

今月6日に行われた関西学院大学と日本大学のアメリカンフットボールの試合で
関学の選手が負傷した問題。

日大側は意図的な反則の指導を否定した上で、
監督とコーチの指導と、選手の受け取り方に差があったとしています。

経緯の確認や再発防止策を含め今月24日を目処にあらためて回答をするとしています。

【関西学院大学 体育会 アメリカンフットボール部 小野宏ディレクター】
「5月24日の回答に誠意を感じられなかったら、(日大との)定期戦は行わない。
なぜこういうことが起きたのか、真相の究明が一番大事。」

大阪・関西のニュース