やさしいニュース

小学生のやる気を後押し

夏休み真っただ中、子供たちの学習をサポートします。

大阪市内で行われたのは小学生を対象にしたプログラミングの
ワークショップ。
来年4月から小学校でプログラミング授業が必修化されることを受け

開催されました。

参加した小学生たちは3,4人で1組となり、キャラクターを使った
簡単なアニメーション作りに挑戦しました。

今回の経験で発想力が養われるほか、コミュニケーション能力なども育まれるということです。

一方、こどもの学習意欲を手助けする文具も登場しています。
先月発売されたコクヨ初のIot文具、
その名も「しゅくだいやる気ペン」連日完売が続きました。

【書く行為自体に楽しみや喜びを覚えて頂きたい】

市販の鉛筆を差し込んでアプリと連動させます。

【取り付けて、書くだけ色が変わってきます】

色は勉強した時間によって10段階に変化。
それがアプリ内で「やる気パワー」としてやる気の木を成長させ果実を実らせます。
果実が多いほど早くゴールに到達できるという達成感も。

【取り組みがしっかり見える化。やったことに対してほめる、ほめられるというコミュニケーションが良くなることでいい循環ができる】
やる気を育てる新商品、
これで夏休みの宿題もさくさくと進むでしょうか。

 

大阪・関西のニュース