やさしいニュース

留守宅守る最新グッズ

お盆休みのお出かけの前に「空き巣対策」は万全ですか?

長期間、家を空ける方が多い夏休み。
気になるのは、空き巣の被害です。
警察庁によると、去年、住宅に忍び込んで金品を盗む「侵入盗」はおよそ3万2000件発生。
1日当たり86軒ほどが被害に遭っています。

そこで、東急ハンズ心斎橋店の防犯グッズコーナーで、売れ筋を聞いてみると…。

東急ハンズ担当者・美藤唯さん
【長期休暇の前には防犯グッズが売れています。
ことしよく売れているのは、こちらの商品ですね】

売れ筋その1
【玄関にキズを付けずに取り付けられる、2つ目のロックです】

通常の鍵にプラスして取り付けるドア用補助錠。
マンションのドアから鍵を開けて侵入する窃盗犯に有効です。

売れ筋その2
【人が近づくと録画するSDカード録画式センサーカメラです】

配線工事が不要な、電池式の人感センサーカメラ。
夜間でも赤外線LEDでしっかり撮影できます。

売れ筋その3
【窓ガラスの衝撃と開放を検知するアラームです】

ガラス窓の衝撃や開放を検知すると、大音量の警報が鳴り続ける防犯アラーム。
厚さ8ミリの薄型で、警戒中と解除中の切り替えスイッチが付いています。
外からは「防犯警報サインシール」が見えて、防犯効果のアップも期待できます。

空き巣に狙われないようにする「見える対策」が

主流になっているようです。

大阪・関西のニュース