やさしいニュース

甲子園に響け!京アニ作品の主題歌で応援

35人が亡くなった京都アニメーションの放火殺人事件。
さまざまな支援の輪が広がる中、
甲子園から京アニに思いを届けようとある曲が演奏されました。

【練習のようす】
「もっと底から音を出す感じでのぼっていって欲しい。
落ちついて鳴らしてください」

10日土曜日、練習に取り組む吹奏楽部の姿が。

夏の甲子園に出場している、立命館宇治高校の生徒や
地元の中学生ら総勢およそ80人が、応援のため
ある曲を演奏していました。

【演奏の練習】

練習していたのは地元・宇治市を舞台にした
京都アニメーションの人気作品「響け!ユーフォニアム」の
テーマ曲「DREAM SOLISTER」です。

作品には、宇治市内に実在する場所が多く登場し
アニメファンだけでなく宇治市民にも愛されています。

当初、この曲を演奏する予定はありませんでした。
しかし、先月の事件で大きな被害を受けた京アニを
元気づけるため、演奏してほしいという声が
地域の住民からあがり急遽、甲子園での演奏を決めました。

【吹奏楽部・深江雅彦顧問】
「いろんな方がショックを受けているところに、
何か自分たちの演奏が、いい形で響けばいいなというのが生徒たちの想い」

【掛け声】
「頑張りましょう!オー!」

【トラックに楽器を積み込む生徒たち】

迎えた13日の試合当日の朝
バスに乗り込みいざ甲子園に向かいます。

【スタンドに入ってくる生徒たち】

第2試合、対戦相手は強豪・石川県の星稜です。

試合開始。1回ウラ、早速あの曲を演奏して選手を鼓舞します。

6回までに5点を奪われ苦しい戦いが続きます。

迎えた6回ウラの攻撃。
再びあの曲が流れます。

【「DREAM SOLISTER」演奏】

応援の曲が届いたのか、その直後3者連続タイムリーで
2点差に迫ります。
スタンドはこの日1番の大盛り上がり!

宇治市内でも市民が集まり、応援の想いを甲子園に
そして京アニに届けます。

【応援のため宇治市役所に集まった人】
「事件を受けて消沈した気持ちを、立命館宇治高校を中心に
宇治を盛り上げてくれたら、ありがたいです。」

その後も、立命館宇治はランナーを出しますが、
あと一歩及ばず3対6で敗れました。

【吹奏楽部 部長 谷千尋さん】
「選手にお疲れ様、ありがとうと伝えたい」

【吹奏楽部指揮者 新井智葉さん】
「この中にも京アニの作品のファンがいるので、明るく元気に演奏しようと
練習してきたので、多くの皆さんに届いたらいいと思います」

残念ながら2回戦敗退となりましたが、
京アニを想うそのメロディーは、チームだけでなく
多くの人の心に響きました。

 

大阪・関西のニュース