やさしいニュース

京都府亀岡市でレジ袋の有料化始まる

プラスチック製レジ袋、全国初の全面禁止を目指す京都・亀岡市、
きょうから市内スーパーでレジ袋の有料化をスタートさせました

保津川下りやトロッコ列車で知られる京都・亀岡市。
この周辺では近年プラスチックごみが目立つようになりました。

こうした現状に亀岡市では豊かな観光資源を守るためプラスチック製レジ袋を
全面禁止にする全国初の条例制定を目指しています。
桂川市長⑮秒程
「2030年を目標に使い捨てプラスチックをなくしていきたい。市民の皆さんにレジ袋の使い方を考えてほしい」

条例制定へ向けた第一歩としてきょうから始まったのが、レジ袋の有料化です。

レジの店員③秒程

「レジ袋は5円かかります」

市内の大型スーパー7社が亀岡市と協定を締結。
レジ袋の価格は各店舗が自主的に決め客にエコバッグなどの活用を呼びかけるというものです。

こうした取り組みに亀岡市民は…?
買い物客
「いつもエコバッグを持って来ているから問題ないです。でも急な買い物には不便です。」

平和堂「アルプラザ」清水食品次長
「お客が慣れていないので納得してもらって進めていきたいと思う」

全国に先駆けた亀岡市の取り組み、
レジ袋の大幅削減に繋がるのかどうか今後に注目です。

亀岡市長
「まちづくりの柱は環境。次の世代に誇れる街にしていきたいです」

大阪・関西のニュース