やさしいニュース

悪質タックルで被害届

負傷した関西学院大学の選手の父親が、被害届を出しました。

 

関西学院大学アメリカンフットボール部の選手が、

日本大学の選手による悪質なタックルでけがをした問題で、

けがをした選手の父親が21日、大阪府警に被害届を提出しました。

 

この問題を巡っては19日、日大の内田正人監督が、

兵庫県西宮市内でけがをした選手や保護者に謝罪。

その後の会見で監督の辞任を表明しました。

しかし、反則行為の指示については明言を避けたことで、

選手の父親は

「どうしてあのようなプレーをしたのか釈然としない」

との談話を発表していました。

 

大阪・関西のニュース