やさしいニュース

京アニ放火殺人 容疑者の容態回復へ

京都アニメーションの放火殺人事件。

容疑者の容体は重篤な状態を脱したことがわかりました。

 

放火・殺人などの疑いで逮捕状の出ている青葉真司容疑者は

医師の問いかけにうなずくなどしていて

命の危険のある重篤な状態からは脱したということです。

しかし会話ができる状態ではなく

事情を聞くには時間がかかる見込みです。

 

また京都府警はきょう、事件の負傷者など35人の性別と年齢を明らかにしました。

男性16人、女性19人で

20代が15人と最も多く、30代が11人などとなっています。

このうち女性7人が今も入院中で

3人は重いやけどを負うなどして重篤な状態。

また1人は命の危険は小さいものの重体で

3人は避難の際に飛び降りたことによる骨折などの重傷だということです。

 

大阪・関西のニュース